ペット可物件は半年程度かけてじっくり探すと良いってホント!?

ペット可物件は全体の5%前後と考えておく

ペットを飼育出来る賃貸物件の数は少ない傾向が続いています。背景として、ペットの種類により内装の破損やニオイが付くという問題が発生するので、退去後の原状回復費用が嵩む傾向にあるからです。賃貸物件のオーナーから見ると、ペットを飼育している入居者は、長期入居してもらえる傾向が高いので、賃貸経営上は安定した収入が見込めます。しかし、入居者同士の騒音トラブルやニオイの問題が発生しやすいので、賃貸管理に手間が掛かることは確かです。賃貸経営上のリスクを覚悟した上で、ペット可としているならば、問題ありません。賃貸物件全体に占めるペット可物件の割合は、地域により差がありますが、5%前後しかないのでいかに少ないかが分かるでしょう。

なぜペット可物件となっているのか理由を確認しよう

部屋の募集条件としてペット可とすることは、賃貸経営上でトラブル対処を行なうリスクが上がることは確かです。にもかかわらず、なぜオーナーがペット可としているのか、理由を不動産屋に尋ねてみると良いでしょう。オーナーへ直接聞く機会を設けてもらえれば、より確かに理由が分かります。オーナー自らがペットを飼育していて、入居者にもペット飼育して欲しいというつもりならば、理解があるオーナーとして安心して入居可能です。中には最初からペット飼育を前提としたペット共生住宅があるので、防音機能と消臭機能が最初から用意されていて、ペットの足洗い場まで準備されていれば、入居者全てがペット飼育に対して理解があるので安心です。

賃料相場が割安な点が北斗市の賃貸アパートの特徴であり、リフォーム済みの快適な物件もすぐに見つかります。