終の棲家にはこだわりたい!デザイン住宅の特徴を把握しよう!

デザイン住宅と建売住宅の違い

住宅物件は家族世帯が長く暮らす目的で建てられることから、居住性の高さが重視されます。また、入居者にとっては終の棲家になる場なのでいつまでも住み心地が良く、飽きないデザインであることも良い住宅の条件です。住宅物件の多くは既に出来上がった建物を入居者が選んで購入するのが一般的ですが、売主側が建物を建設する建売住宅は費用を安く抑える目的で画一的なデザインになりやすく、個性の演出に乏しい欠点もあります。そのため、近年では入居者が自分で外観を決めて建てるデザイン住宅が注目されています。デザイン住宅は他には無いオリジナルデザインの造りに仕上げることが出来るので、好みに合致した住宅にすることが出来るのが大きなメリットです。また、立地環境に合わせたデザインにすることで居住性の向上を図ることも出来ます。

デザイン住宅の維持に関する注意点

デザイン住宅は終の棲家にこだわりを持つ人や他には無い個性的な住宅に住みたい人に最適ですが、その一方で建設や維持の費用が割高になりやすい点を注意することが大切です。安価な建売住宅は一定の規格に基づいて作成された建材を組み合わせて建てるので費用を安く抑えることが可能です。その一方でデザイン住宅は建材を特注する必要があるため、同じ床面積や立地環境でも費用が高額になる傾向があります。また、建物の耐久性も改めて検査することになるので建設許可が下りるのに時間がかかる可能性もある点を注意します。
出来上がったデザイン住宅は入居者の好みに合わせた造りなので個性を演出出来る反面、売却時には通常の建売住宅よりも資産価値が低くなるケースがあるので建てる際は慎重に判断するのが入居者に必要な心構えです。

DEZAMADOの公式サイト