既存の住宅地がいい?通勤優先か通学優先か?

既存の住宅地か新規開発の住宅地か

住宅を購入するとき、建売はすでに建てられているので選択肢が制限されます。注文で建てる時は、自分で土地を探し、さらに建物も自分の好みにできます。資金が必要になるかもしれませんが、長く住むのであればより希望に合った住宅の方がいいでしょう。この時にどんな土地を選ぶかがあります。一つは既存の住宅地にある土地です。既に街が形成されているので、学校や商店などの様子が分かります。ただ、周りの人たちとの年齢差を感じるかもしれません。新規開発の住宅地は、これからどんどん住宅が建てられる土地です。街づくりもこれからなので、はっきりしない部分もあります。同じような年代の人たちが購入する可能性があり、近い年齢の人たちと近所付き合いができます。

通勤を優先させるか通学を優先させるか

住宅を購入する人の多くは今は勤務中でしょう。住宅ローンを利用しての購入なので、これから何十年と支払いをしないといけません。どんな仕事をしているかは人によって違いますが、地元で仕事ができる人は少ないです。都市部などに通勤をしながらの人が多くなります。新たに住宅を購入するとき、駅から近いのであれば通勤はしやすくなります。家族に子供がいるとき、子供の通学に便利かどうかがあります。小学校や中学校は公立なら校区によって行く学校が決まっています。あまり遠ければ通学が心配になります。子供の通学を優先する選択肢もありますが、子供が学校に通うのはそれほど長くありません。あまり通学のしやすさのみを優先するのも問題になるでしょう。

土地探しは不動産業者を利用するのが一般的な方法ですが、業者によって扱う物件の特徴が異なります。そのため、複数の業者を比較するのが希望に沿った物件を見つけるための工夫です。