家づくりの基本とは?まず最初に行うことを考えよう!

どのような家が欲しいかを決めるのが最優先

マイホームを手に入れて理想的な家づくりをしたいと夢見ている人は大勢いますが、気持ちだけ先行してしまって具体的なプランがないことはよくあります。家づくりをする上で最も重要なのはどのような家が欲しいかを可能な限り具体的に決めることです。住む人全員で集まってどのような家にしたいのかを相談して、条件として求めることをリストアップしましょう。部屋の数や大きさ、必要な設備や間取り、立地や周辺環境への要求など、かなりの数の項目が列挙されることになります。その優先順位を決めてできるだけ多くの項目が満たされる家を手に入れられるようにするのが大切です。予算との兼ね合いもあるので全て実現できるとは限らないという覚悟も必要になります。

注文住宅か建売住宅か

マイホームの獲得方法として代表的なのが注文住宅を建ててもらう方法と建売住宅を探して購入する方法です。どちらの方が合理的に希望を叶えられるかを考えて、まずはどちらにするかを決めてしまいましょう。仕様について細かな要求があるときほど注文住宅の方が望みを叶えやすくなります。しかし、費用面で考えると建売住宅を購入した方が良いのも確かです。また、建売の場合には新築ではなく中古を選ぶという方法もあり、リフォームをすれば理想的な形にできる可能性もあります。選択肢は一つではないので可能性を網羅的に考えて、まずどの方法でマイホームを調達するのかを決めましょう。それがスムーズに家づくりを進めるための基本です。

家づくりの相談窓口では土地から購入して家を建てる場合の予算や間取り、工務店など様々な悩みを相談する事が出来ます。