理想の家づくりの資金に注意!税金もかかる!

家づくりをする資金の配分に注意

これからマイホームを手に入れようという人は、家づくりのために必要な予算を決めて適切に配分することが大切です。注文住宅を建てる場合には土地と家にどれだけ資金を配分するかを予め大まかに決めておくと失敗がありません。建売住宅の場合にはどのくらいまでなら買えるかを初期に見極める必要があります。現金資産として使える分に住宅ローンとして借りられる金額を上乗せすると予算の上限額が定まりますが、それを目一杯使ってしまうと失敗してしまいかねません。家づくりをするには購入や建築を終えてからも手をかける必要があるからです。外構工事にかかる費用や、インテリアや家具、家電を購入する費用も考慮しておかなければならないでしょう。引っ越し費用についても確保しなければなりません。トータルでかかる費用を考えた上で家づくりの予算配分を行う必要があるのです。

税金がかかることも考慮

特に予算配分をする上で失敗しやすいのが税金の配慮不足です。家や土地を手に入れるときには登記を行う必要があるため、そのために手数料がかかります。それを司法書士に依頼すると司法書士報酬も数万円必要になるので気をつけなければなりません。また、もっと大きくなりやすいのが不動産取得税です。固定資産税評価額に応じて納めなければならない税金であり、住み始めてしばらくしてから通知が来るので驚いてしまう場合もあります。およその金額については購入や建築をする時点で概算できるので、予算を確保しておくことが肝心です。

フリーダムアーキテクツの公式サイト